ホーム 概要 簡単使用方法 BSS説明書 お支払方法 登録申込受付 免責事項 会社の概要 個人情報 特定商取引 DNSBL BSS-BLOG 『ぶん』

迷惑メールさようなら
お手軽 迷惑メール 撃墜
高精度 機械送信メール 検出
BitterSweetSamba+Ver.1.0
取り扱い説明書

---
お手軽迷惑メール撃墜BitterSweetSamba+(びたーすいーとさんば+)Ver.1.0とは?
---

 非常に迷惑なスパムメール(機械送信メール)を高速かつ高精度なBSSアンチスパムエンジンで迷惑メール判定を行いメールヘッダーに「BSS印」を付加します。付加された「BSS印」をアウトルックエクスプレスやベッキー等のメールソフトで簡単に利用することができる自動振り分け機能を利用して、ごみ箱等へ自動的に移動させることができます。

メモ
 お手軽迷惑メール撃墜BitterSweetSamba+(びたーすいーとさんば+)Ver.1.0を「BSS」と省略する場合があります。

 また、スパムメール(機械送信メール)(「BSS印」の付いたメール)を一切受け取らない設定(サーバー内で削除)も出来ますので無駄な受信時間が無くなり快適なインターネットメールの運用を行うことが出来ます。

高精度な三つのBSSアンチスパムエンジン搭載

MLHeader
 メーリングリストホワイトヘッダー判定
BSSBlackIP
 高精度BSSブラックIP判定
BSSHeader
 高精度BSSブラックヘッダー判定

お客様お一人様お一人様で個別設定できるリスト

四つのホワイトリスト
 Body_Whiteリスト
 Header_Whiteリスト
 IP_Localリスト
 IP_Whiteリスト

三つのブラックリスト
 Body_Blackリスト
 Header_Blackリスト
 IP_Blackリスト

 各リストへのデータ設定はWeb上からBSSコントロール・パネルを使って簡単に行うことが出来ます。

 上記、三つの「BSSアンチスパムエンジン」・四つの「ホワイトリスト」・三つの「ブラックリスト」でのスパムメール(機械送信メール)診断した結果を更に「Meiwaku_Rank設定」と言う設定でブラック判定優先順位を自由に変えることが出来ますので更にお客様お一人様お一人様の細かい設定が出来るようになっています。

Meiwaku_Rank設定

IP_White
 IPホワイトリスト
Header_White
 ヘッダーホワイトリスト
Body_White
 ボディーホワイトリスト
Body_Black
 ボディーブラックリスト
MLHeader
 メーリングリストホワイトヘッダー
BSSBlackIP
 BSSブラックIP
Header_Black
 ヘッダーブラック
BSSHeader
 BSSヘッダー

---
登録お申し込みから設定までの流れ...
---

 メールアドレスを変更する、変更しないで、下記の二つの方法があります。

  現在使用しているメールアドレスに「BSS」を通す場合(メールアドレス変らない 転送必要)

    登録申込受付 -> 『ぶん』への送金 -> メール転送設定 -> メールソフト設定 -> コントロール・パネル設定 ->

    メール振り分け設定(メッセージルール)

  現在使用しているメールアドレスを「BSS」のアドレスへ変更する場合(メールアドレス変る 転送いらない)

    登録申込受付 -> 『ぶん』への送金 -> メールソフト設定 -> コントロール・パネル設定 ->

    メール振り分け設定(メッセージルール)

---
転送に付いて...
---

 現在使用しているメールアドレスそのままで「BSS」を使用するには「BSSメールアドレスへのメール転送」が必要です。「転送」とは現在使っているメールアドレスへ来たメールを自動的にお客様が申し込まれた「hogehoge@BitterSweetSamba.jp」のアドレスへ送ることをメール転送と言います。

 メールの転送の方法はお客様がご利用になっているプロバイダ等によって手続きが異なりますので詳しくはプロバイダ等のホームページ又はサポートページ又はサポートセンタへお問い合わせください。

---
BitterSweetSamba+アドレス諸元
---

 メールソフト設定変更時に必要なBitterSweetSamba+アドレス諸元です。
  ID等を含んだ詳細情報は登録設定完了時に送信されます。
   「BSS+設定完了のお知らせです。」のメールに記載されています。

受信メールアドレス
 お客様が申し込まれたID@bittersweetsamba.jp

メールソフト設定用ID
 お客様が申し込まれたID@bittersweetsamba.jp

BitterSweetSamba+Control Panelログイン用ID
 お客様が申し込まれたID

各共通パスワード
 お客様が申込時に登録されたパスワードです。

受信メールサーバ(POP)
 bittersweetsamba.jp

送信メールサーバ(SMTP)
 無し(現在の送信メールサーバ(SMTP) をご使用下さい。

BitterSweetSamba+Control Panel(カスタマイズ設定用)
 https://www.bittersweetsamba.jp/~お客様が申し込まれたID/

BitterSweetSamba+Control Panel(カスタマイズ設定用)パスワード
 お客様が申込時に登録されたパスワードです。

---
メールソフト設定変更
---

(例 Outlook Express)

 ◎(メールアドレス変らない 転送必要)現在使用しているメールアドレスに「BSS」を通す場合

  POP3サーバ名とパスワードを変更します。

1.メニューバー
  ツール(T)--> アカウント(A)--> メール--> アカウント選択 --> プロパティ -->

2.プロパティ
  サーバ --> 受信メール(POP3)(I)

3.受信メール(POP3)(I)「変更してください」
  bittersweetsamba.jp

4.パスワード(P)「変更してください」
  お客様が申込時に登録されたパスワードです。


(例 Outlook Express)

 ◎(メールアドレス変る 転送いらない)現在使用しているメールアドレスを「BSS」のアドレスへ変更する場合

  電子メールアドレスとPOP3サーバ名とパスワードを変更します。

1.メニューバー
  ツール(T)--> アカウント(A)--> メール--> アカウント選択 --> プロパティ -->

2.プロパティ
  全般 --> ユーザ情報 --> 電子メールアドレス(M)

3.電子メールアドレス(M)「変更してください」
  お客様が申し込まれたID@bittersweetsamba.jp

4.プロパティ
  サーバ --> 受信メール(POP3)(I)

5.受信メール(POP3)(I)「変更してください」
  bittersweetsamba.jp

6.パスワード(P)「変更してください」
  お客様が申込時に登録されたパスワードです。

---
BSSコントロール・パネルへのログイン
---

 BSSコントロール・パネルにログインするためにはアクセス用URLへアクセスしIDとパスワードを入力します。

BitterSweetSamba+Control Panelアクセス用URL
 https://www.bittersweetsamba.jp/~お客様が申し込まれたID/

BitterSweetSamba+Control Panelパスワード
 お客様が申込時に登録されたパスワードです。


---
入門BSSコントロール・パネル
---

 Body_White
  メール本文ホワイトリスト(設定を推奨いたします。)

(例)
八幡浜市
田村
ICランド
コンピュータルーム
ぶん

 上の例のように入力しますと 八幡浜市 または 田村 または ICランド または コンピュータルーム または ぶん と言う文字がメール本文中一行に含まれると「Body_White」として採用されます。

 「Body_White」には、あなたの氏名・名前・社名・愛称・通称・メールの署名の一部・住所・あなたへのメールにたいしての特徴的な文字等を入力してください。


Body_Black
  メール本文ブラックリスト

(例)
八幡浜市
田村

 上の例のように入力しますと 八幡浜市 または 田村 と言う文字がメール本文中一行に含まれると「Body_Black」として採用されます。

Header_White
  ヘッダーホワイトリスト

(例)
@ybb.ne.jp
@nifty.com
@ace.odn.ne.jp

 上の例のように入力しますと @ybb.ne.jp または @nifty.com または @ace.odn.ne.jp 言う文字がヘッダー中に含まれると「Header_White」として採用されます。

---
メール振り分け設定(メッセージルール)
---
(例 Outlook Express)

  メッセージルールへ設定「宛先欄」に「[BSS]」があった場合メールをゴミ箱(削除済みアイテム)へ

1.メニューバー
  ツール(T)--> メッセージルール(R)--> メール(M)

2.新規のメール ルール
  1.ルールの条件を選択してください。--> 宛先にユーザが含まれている場合 --> チェック

3.新規のメール ルール
  2.ルールのアクションを選択してください。--> 指定したフォルダに移動する --> チェック

4.新規のメール ルール
  ルールの説明(下線をクリックすると編集できます)(D)--> 「宛先にユーザが含まれている」をクリック
  半角大文字で [BSS] と入力し追加ボタンを押します。さらにOKボタンを押します。

5.新規のメール ルール
  ルールの説明(下線をクリックすると編集できます)(D)--> 「指定したフォルダ」をクリック
  削除済みアイテムを選択します。OKボタンを押します。

注意
 BSSは迷惑メール、スパムメール(機械送信メール)に[BSS]マークを付けます。メーリングリスト/メールマガジン/自動応答メールも機械送信メールの仲間ですのでメーリングリスト/メールマガジン/自動応答メールにも間違って[BSS]マークを付けるかもしれません。必要な機械送信メール/自動応答メールは、「ホワイトリスト」へ登録するか、ゴミ箱へ移動させる前に分類させるフォルダへ「メール振り分け設定」を行ってください。BSSの判断ミスや設定ミスにより「機械送信メール」以外のメールに [BSS] を付ける場合も非常に少ない確率でありますので定期的にゴミ箱(削除済みアイテム)をご確認ください。

---
BSSの設定確認
---

 お客様が申し込まれたID@bittersweetsamba.jp へメールを送って見ましょう、うまく設定が出来ていればメールが受信できるはずです。また、宛先に [BSS] と言う文字が含まれているメールは自動的にゴミ箱(削除済みアイテム)へ入りますので定期的にゴミ箱(削除済みアイテム)をご覧ください。

---
詳細BSSコントロール・パネル
---

 Body_White
  メール本文ホワイトリスト

正規表現も使用できます。正規表現のお勉強は Studio Sixnine. Thanks!

(例)
八幡浜市
田村
ICランド
コンピュータルーム
ぶん

 上の例のように入力しますと 八幡浜市 または 田村 または ICランド または コンピュータルーム または ぶん と言う文字がメール本文中一行に含まれると「Body_White」として採用されます。

 「Body_White」には、あなたの氏名・名前・社名・愛称・通称・メールの署名の一部・住所・あなたに関しての特徴的な文字等を入力してください。

(例)
八幡浜市|田村

 上の例は一行に書く方法です。八幡浜市または田村または言う文字がメール本文中一行に含まれると「Body_White」として採用されます。|で繋ぐと一行に書くことが出来ます。

(例)
| 八幡浜市 | 田村 | ICランド | コンピュータルーム | ぶん |

 上の例は 八幡浜市 と 田村 と言う文字を単語として認識します。単語の両端にスペースを入れます。愛媛県八幡浜や田村さんと言う連続した文字では採用されません。例では 八幡浜市 と 田村 と言う単独の単語がメール本文中一行に含まれると「Body_White」として採用されます。


Body_Black
  メール本文ブラックリスト

正規表現も使用できます。正規表現のお勉強は Studio Sixnine. Thanks!

(例)
http:.*\.(com|com\/)$
cgi\?|\/\?|html\?|htm\?|: +\$*[0-9]\.|low as|Price|Rolex|contact me
money|trader|Stock|Porno|she|girl|women|penis|\.com\?
配信停止|人妻サイト|エロ|年収|アダルト|女性|恋愛|身体|エッチ|浮気|メルアド|
拒否|配信不要|デート|直メ|快楽
partner|Viagra|chance!|PHYA|\.hk\/|Adobe|here.*http|game|phd|buy
holiday|health|medicines|FDA| MBA |gain|drugs|smoking|Gucci|sex
http:.*\.(cn\/|cn)$
http:.*\.(net|net\/)$
http:.*.com $
^(\.|\. )com[' ]
^(http:\/\/[1-9].+\..+\..+\.[1-9])
^(1-|\+1|1~|1\*|1\..*-.*[0-9]|1_.*_.*[0-9]|1'.*-.*[0-9]|\(1-.*-.*[0-9]\)|1 .* .*[0-9])
www.*com$
http:.*.(com|net)\/.*\/$
http:.*.cn\/.*\/$
http://$

(例)
八幡浜市
田村

 上の例のように入力しますと 八幡浜市 または 田村 と言う文字がメール本文中一行に含まれると「Body_Black」として採用されます。

(例)
八幡浜市|田村

 上の例は一行に書く方法です。八幡浜市または田村と言う文字がメール本文中一行に含まれると「Body_Black」として採用されます。|で繋ぐと一行に書くことが出来ます。また、

(例)
| 八幡浜市 | 田村 |

 上の例は 八幡浜市 と 田村 と言う文字を単語として認識します。単語の両端にスペースを入れます。愛媛県八幡浜や田村さんと言う連続した文字では採用されません。例では 八幡浜市 と 田村 と言う単独の単語がメール本文中一行に含まれると「Body_Black」として採用されます。

Header_White
  ヘッダーホワイトリスト

正規表現も使用できます。正規表現のお勉強は Studio Sixnine. Thanks!

(例)
八幡浜市
田村

 上の例のように入力しますと 八幡浜市 と 田村 と言う文字がヘッダー中に含まれると「Header_White」として採用されます。

(例)
八幡浜市|田村

 上の例は一行に書く方法です。八幡浜市と田村と言う文字がヘッダー中に含まれると「Header_White」として採用されます。|で繋ぐと一行に書くことが出来ます。また、

(例)
| 八幡浜市 | 田村 |

 上の例は 八幡浜市 または 田村 と言う文字を単語として認識します。単語の両端にスペースを入れます。愛媛県八幡浜や田村さんと言う連続した文字では採用されません。例では 八幡浜市 または 田村 と言う単独の単語がヘッダー中に含まれると「Header_White」として採用されます。

Header_Black
  ヘッダーブラックリスト

正規表現も使用できます。正規表現のお勉強 Studio Sixnine. Thanks!

(例)
八幡浜市
田村

 上の例のように入力しますと 八幡浜市 または 田村 と言う文字がヘッダー中に含まれると「Header_Black」として採用されます。

(例)
八幡浜市|田村

 上の例は一行に書く方法です。八幡浜市または田村と言う文字がヘッダー中に含まれると「Header_Black」として採用されます。|で繋ぐと一行に書くことが出来ます。また、

(例)
| 八幡浜市 | 田村 |

 上の例は 八幡浜市 または 田村 と言う文字を単語として認識します。単語の両端にスペースを入れます。愛媛県八幡浜や田村さんと言う連続した文字では採用されません。例では 八幡浜市 または 田村 と言う単独の単語がヘッダー中に含まれると「Header_Black」として採用されます。

IP_Local
 ホワイトローカルIPリスト

CIDRも使用できます。
(例)
124.83.153.126 #yahooo.co.jp
124.83.128.0/17 #yahooo.co.jp

 上の例のように入力しますと124.83.153.126(IP)と124.83.128.0/17(CIDR)は有無も言わず超ローカルホワイト「IP_Local」として採用されます。ローカル内のIPをホワイトリストに入れたい場合に使います。何の表示もなく全てホワイトになります。IPアドレスでもCIDRでも記述できます。メモを書きたい場合は半角#の後にメモを書いて下さい。

注意
 上記のアドレスは架空のサンプルアドレスです。そのまま入力しても使用できません。

IP_White
 ホワイトIPリスト

CIDRも使用できます。
(例)
124.83.153.126 #yahooo.co.jp
124.83.128.0/17 #yahooo.co.jp

 上の例のように入力しますと124.83.153.126(IP)と124.83.128.0/17(CIDR)はホワイトリスト「IP_White」として採用されます。

注意
 上記のアドレスは架空のサンプルアドレスです。そのまま入力しても使用できません。

IP_Black
 ブラックIPリスト

CIDRも使用できます。
(例)
124.83.153.126 #yahooo.co.jp
124.83.128.0/17 #yahooo.co.jp

 上の例のように入力しますと124.83.153.126(IP)と124.83.128.0/17(CIDR)はブラックリスト「IP_White」として採用されます。

注意
 上記のアドレスは架空のサンプルアドレスです。そのまま入力しても使用できません。

Meiwaku_Rank
 ブラック判定優先順位

 「お手軽迷惑メール撃墜BitterSweetSamba+」ではスパムメール(機械送信メール)判定基準として各種BSSエンジンを最終的には五個の「ホワイトリスト」と四つの「ブラックリスト」に集約しています。

 通常の使い方では「初期値」で問題ないと思いますが特殊な環境下でお使いの場合は順番を入れ替えて下さい。

 上から順番で処理を行い「White」が見つかるとホワイトへ「Black」が見つかるとブラックとして処理されます。

IP_White  (White)
Header_White(White)
Body_White (White)
Body_Black (Black)
MLHeader  (Black)
BSSBlackIP (White)
Header_Black(Black)
BSSHeader  (Black)


迷惑メール・スパムメール(機械送信メール)
 判定の印

 BSSエンジンの総合評価で「Meiwaku判定」の判断がされた場合、BSSコントロール・パネルの設定によりメールの処理方法が変わります。

 「Meiwaku Mail DELETE」チェックオンの場合(初期値チェックオフ)

  「Meiwaku判定」の判断がされた場合「お手軽迷惑メール撃墜BitterSweetSamba+」のサーバ上で強制的にメールを削除いたします。

注意
 削除されたメールは絶対に復活できませんのでご使用時は厳重にご使用下さい。

「[BSS] Mark OFF」チェックオンの場合(初期値チェックオフ)

 「Meiwaku判定」の判断がされた場合「メールヘッダの宛先欄」に「[BSS]」マークが付加されます。

注意
 メール振り分け設定(メッセージルール)でヘッダーの詳細が参照出来ない「Outlook Express」や「Outlook」の場合は「[BSS] Mark OFF」チェックオフにする必要があります。

迷惑メール・スパムメール(機械送信メール)
 判定の詳細印(X-Bun'sヘッダー情報)

 BSSではヘッダーの詳細を見るとどの様な理由で「Meiwaku判定」の判断がされたかを概略知ることが出来ます。もちろん「ホワイト判定」の概略も知ることが出来ますので、もし、誤判定の場合でもBSSコントロール・パネルからカスタマイズすることにより正しい判定に補正することが出来ます。

綺麗なメールの例

 X-Bun's-BSSBlackIP: None
 X-Bun's-WhiteIP: None
 X-Bun's-BSSHeader: None
 X-Bun's-MLHeader: None
 X-Bun's-BodyWhite: None
 X-Bun's-BodyBlack: None
 X-Bun's-HeaderWhite: None
 X-Bun's-HeaderBlack: None
 X-Bun's-Meiwaku: None


迷惑なメールの例

 X-Bun's-BSSBlackIP: Found 17 2*1.1*7.148.225 「不良IP検出」
 X-Bun's-BSSHeader: Found 「機械送信ヘッダー検出」
 X-Bun's-MLHeader: None
 X-Bun's-BodyWhite: None
 X-Bun's-BodyBlack: Found 2 「コントロールパネルBodyBlackの0行目から数えて2行目にマッチ」
 X-Bun's-HeaderWhite: None
 X-Bun's-HeaderBlack: None
 X-Bun's-Meiwaku: Found 「総合評価 迷惑Found!」

---
BSSサポートアドレス
---

 メールを頂いた場合は24時間以内にお返事申し上げます。





ホームページアドレス
 https://www.BitterSweetSamba.jp/

運用状況ページアドレス
 http://bun.dokidoki.ne.jp/bss/